おまとめローンを利用したほうが良い場合、良くない場合

近年では簡単にカードローンの契約が出来てしまうため、ついついお金を借りすぎてしまったり、複数の業者からお金を借りてしまうというケースが増えているといわれています。消費者金融の場合は総量規制という規制があるため、年収の三分の一以上の借り入れは出来ない決まりになっていますが、それでも複数の業者から三分の一程度の借り入れがあれば返済の手間や支払う利息が家計を圧迫してくることは容易に想像が付きます。
そんな時によく利用されているのがおまとめローンと呼ばれるローン一本化です。おまとめローンを利用した場合、多くの人は支払う金利が一つになりますし、返済も一箇所で済むので楽になったと考えるようですが、実はおまとめローンには利用したほうがいい場合と、そうでない場合があります。
まずおまとめローンを利用する際に注意しなければいけないのが、総支払い金額です。この総支払い金額が現在ある複数の債務の合計よりも多くなってしまうのであれば、おまとめローンを利用する意味は一切ありません。よく勘違いされるのが、おまとめローンのほうが金利が安いから返済金額も安くなると考えている場合です。これは現在の債務とおまとめローンの支払い終了が同じであればおまとめローンのほうが総支払い額は少なくなりますが、もしおまとめローンの返済のほうが長くなってしまう場合、金利がいくら安くなったところで
逆に総支払額が多くなってしまう逆転現象が起きてしまうことになります。ですからおまとめローンを利用したほうが良い場合といえるのは、総支払額が現在の債務合計よりも減る場合のみだといえるのではないでしょうか。確かにおまとめローンでまとめれば返済が一箇所で済むというメリットはありますが、それによって返済金額が増えてしまうのであればまとめた意味が全く無いということになりますから、金利よりも総支払額に注目して安くなる場合にはおまとめローンを利用するとメリットがあると思います。

omatome777

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です