おまとめローンの審査に悪影響を与えることとは

お金を複数の業者から借りている場合、返済日や借り入れ額、毎月の返済額など各社バラバラなので自分で管理しにくくなります。また、複数の業者とやりとりすることで、精神的にもゆとりがなくなってくる場合もあるでしょう。自分がどれくらい借りているのか、あと何年返済すれば借金がなくなるのかが分からなくなってしまっている場合、借金を一つにまとめて分かりやすくするのも一つの手です。一本化することによって利息も安くなる可能性があるので、試みてみる価値があるでしょう。

せっかくおまとめローンに申し込んで借金としっかり向き合おうと思っているのに、審査落ちしてしまってはどうしようもありません。おまとめローンの審査に落ちないために、してはならないことがいくつかあります。
1つめは、早く一本化したいと焦るあまり、短期間で複数の金融機関に申し込みをしてしまうことです。おまとめローンを申し込んだ時点で信用情報機関にその情報が記載されることになります。審査においてはこの信用情報が重要視されます。短期間で複数の業者に申し込みをしていることが分かれば、お金に困っているという印象を与えてしまい、マイナス要素になってしまいます。いわゆる申し込みブラックといわれる状態です。一度に申し込むのはできれば多くとも3件以内に抑えておくのが無難です。申し込みをしたという情報は半年で信用情報から消えます。審査落ちした場合、次から次へと申し込みを重ねるのではなく、半年以上経ってから申し込みをすると良いでしょう。

次に、自分をよく見せたいからといって、嘘の情報を書いて申し込みをしてしまうことです。ついつい年収などを多めに書いてしまいたくなりますが、書類提出の時点でばれてしまうことですし、年収の書類提出が不要な場合でも嘘をついて融資を受けるということはどこかの段階で明白になってしまうことなので、良いことは何一つありません。今の自分の状態をしっかりと正直に記載し、審査に臨むようにしましょう。

omatome777

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です